May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

天職

この仕事は私の天職だと思っている

スタッフを抱えてからは、一線でお客様を担当させていただく事がなくなったのだが。

サロンをオープンした時に、さくらは私が一線で働く昔の先生とお弟子さんみたいなサロンにだけはしたくなかった。

別にそれがいけないということではなく、若い世代のスタッフたちの築きあげる活気あるエネルギーのある サロンにしたかった。

しかし、これがまた根気のいるもので、技術、接客で満足を求めたい私としては

私が担当したほうが・・・とか

私が切ったほうがとか・・・かなりこころの中では葛藤がある場合も少なくは無かったりした。

「かわいい子には旅をさせろ」という日本の言葉もありますが、 少し熱のこもった、そういう愛情が伝わらなく気持ちがすれ違うことだってある。

お客様がお帰りになってから今のヘアースタイルについての技術話に熱が入りすぎて興奮口調でちょっと威圧的になったりすることもある。


私はいつも真剣にお客様とスタッフに正面から向き合いたいとも思っている。

技術もこの年になってもまだまだ勉強しなければいけないことがたくさんある。

スタイリッシュでクリエイティブな仕事もまだまだしたいと思っている。

年齢をかさね多分接客に深みも増し(笑)

絞っても、絞っても私の体の中からは美容師という言葉しか出てこない。

・・・・と思っている私は、やはりこの仕事は天職なのだ

・・・・と同時にかなりのエゴイストなのも知っている。

comments

   

trackback

pagetop