September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

皆さん!お元気ですか?

ご無沙汰で失礼します。

さて、春はもうそこまで足音を立てて近づいている感じですが
二月に入り花粉の季節も始まり、インフルエンザも猛威を振るいなんだか不思議な感じの今日この頃ですね。

さて、さくら舞う頃、
弊社Kamakura Beautyは今春、なんと!新人メンバーが4名も入社します。
これは社長、そして協力してくれた社員の地道と誠意ある努力の証です。

昨今の少子化、高齢化社会なか、やはり美容業界も美容師になる若者が減り美容室も
人材不足に大変な美容室が数多存在するようになりました。

数年前まで弊社も決して人事ではなく、人材確保に奔走し、なかなか確保出来なかったり、
そして確保できてもすぐ辞めてしまうという悪循環を経験しています。

なんの職業でもそうですが、「辞める」理由には単純に本人の問題と会社側の問題と双方にあるでしょう。

私は20歳からこの仕事をして実は今年で30年経ちました。
美容師のいろんな人間を見てきました。

今、言えることは美容師も学問と知識が必要だということです。
昔も今も美容師は上記、記載事項と無縁な職業のような感覚を世間一般に持っているかと思います。
でも、もうそのような考え方ではいづれ美容師という職業は格として衰退していくでしょう。

「師」とは学問、技芸を教授する人、師匠、先生などと謳われています。
「医師」などど同じように学問と専門知識と兼ね備え、髪のエキスパート、髪に関して色々な悩みを持った人たちのための髪のドクターとして人々から目標とされる憧れの職業にならなければならないのではないでしょうか。

そして、私たち美容室経営陣はしっかり受け入れられる体制を努力して作り上げる。
簡単にイヤだったらすぐ辞めちゃう打たれ弱い新人、
夢を持った新人の憧れの存在になれない先輩達、
入ったら違ったという会社の現状

などなど・・・・

私は今、心の底から感じるのは
最終的にはこの業界の地位向上無くして未来の美容業界の理想の姿なのではないかと思います。

もっともっと沢山の人にこの仕事の素晴らしさを感じてもらうには国のこの業界に対して
美容師になる人の間口をいろいろな形で広げ、教育課程、教育内容を「師」が付くにふさわしい格に上げることです!

美容師の皆さん、経営者の皆さん、今後の美容業界について格の向上に何か出来ることから初めてみませんか?

弊社Kamakura Beautyは常に努力をし続けたいと思っています。

たまには真面目な話しもいいでしょ!


    
 

来ちゃいました。取っちゃいました・・・・

来ちゃいました。birthday・・・
取っちゃいました。また歳を・・・・

全然、嬉しくないです。歳をとる・・

歳をとるbirthdayなんか・・・・涙

しか〜し、しかしですね〜

家族、大切な友人・かわいいスタッフたち、知人から

「おめでとッ!」

の愛溢れる言葉はいくつになっても心に沁みるぐらい嬉しいね〜

来年からも知っている人は歳を聞かないで

「おめでとう!」だけこっそり言ってね1

                                                                                                                                                                                      ゴージャスな花束
この日は必ずプレゼント
してくれるね
ありがとう❤






 

                                                                                                                        
 そして、素敵なレストランで美味しいお料理にワイン

 大切な笑顔たちに囲まれたbirthdayをいつもありがとうね

 主役でほんと世界一幸せを

 感じられる瞬間

 大切な家族と
 
 大切な友

 ほんと嬉しかったぁ〜
 
 
 






   
   
   
   

   
  

 


そして、もうひとつ素敵なお花

年に一度、この日だけは

お花に縁遠い私が沢山の

お花に囲まれる日でもあるかな〜

ほんと、良い香りで

お花の香水に囲まれてほんとに

贅沢だと思う


ほかにも、ワインや手作りのケーキなどなど

沢山頂きました。

こんなわたくしでもこんなにお祝いして頂けるなんて涙
やっぱり、birthday最高!

また、がんばろう!って気になるもんね!









 

15年ぶりのお客様

もう、15年以上かな・・・・

以前、横須賀で店長をしていた時、多分、その頃、まだ高校生ぐらいだった男の子

今では2児の父となって、ここ、鎌倉のSakura laを訪ねてくれた。

勿論、お客様として髪を切りにね

すごいことだよね!

記憶に残って、わざわざ十数年経っても覚えていてくれて、探して来てくれたなんて!

心に残る美容師って感動だね

ほんと、今日は感動的な時間をありがとうね

・・・・・・しかし・・・・・私・・・・かなり・・・・・あれから歳をとってしまいましたが・・・・

大丈夫でしたでしょうか・・・・・・・(苦笑・・)



 

天職

この仕事は私の天職だと思っている

スタッフを抱えてからは、一線でお客様を担当させていただく事がなくなったのだが。

サロンをオープンした時に、さくらは私が一線で働く昔の先生とお弟子さんみたいなサロンにだけはしたくなかった。

別にそれがいけないということではなく、若い世代のスタッフたちの築きあげる活気あるエネルギーのある サロンにしたかった。

しかし、これがまた根気のいるもので、技術、接客で満足を求めたい私としては

私が担当したほうが・・・とか

私が切ったほうがとか・・・かなりこころの中では葛藤がある場合も少なくは無かったりした。

「かわいい子には旅をさせろ」という日本の言葉もありますが、 少し熱のこもった、そういう愛情が伝わらなく気持ちがすれ違うことだってある。

お客様がお帰りになってから今のヘアースタイルについての技術話に熱が入りすぎて興奮口調でちょっと威圧的になったりすることもある。


私はいつも真剣にお客様とスタッフに正面から向き合いたいとも思っている。

技術もこの年になってもまだまだ勉強しなければいけないことがたくさんある。

スタイリッシュでクリエイティブな仕事もまだまだしたいと思っている。

年齢をかさね多分接客に深みも増し(笑)

絞っても、絞っても私の体の中からは美容師という言葉しか出てこない。

・・・・と思っている私は、やはりこの仕事は天職なのだ

・・・・と同時にかなりのエゴイストなのも知っている。

さくら8歳 フレグランス4歳

5月 マネージャーのブログにもありましたが5月に誕生したさくらとフレグランスの姉妹サロンは、
おかげさまでお誕生日を迎えることとなりました。

両店においでになるお客様、及び支えてくれるスタッフたち、関係各所の皆様に改めて御礼を申し上げます。
 
     「ありがとうございます!」にこっ
 
これからも感謝の心をもって楽しく成長していければと思います。




 
さて、間が空いてしまった今回のブログ
 
スタッフの優しい計らいでゴールデンウィークはゆっくりさせていただきました。

皆さん、ありがとうね!
 
さて、その間、何をしていたかと申しますと、食事、食事、食事、食事・・・・・と毎日食事、食事、食事を作っていたような気がします。
 
しかし、まあ、どこのご家庭でもそうだと思いますが我が家もとっても食を大事に考えています。

まあ、ただ単に食いしん坊と申しましょうかkyu

最近、我が家でブームなのはこの時期、安くて新鮮でとっても体に良い「鰯」ちゃん


 圧力なべでお酢と梅干で酸味の聞いた骨までいただける常備食としても度々食卓におでまし(^^♪

しかし、何十匹の鰯ちゃんを捌いていると、何十匹の鰯ちゃんの頭の部分が流しに、てんこ盛りになってしまうのはどうしてもDocomo_kao18 って感じで。

このときに大切な命を頂いているんだと改めて感謝を 感じます。

実際、お魚を捌いている鰯ちゃんと私の胸の内(命あるものを調理されている方々の胸の内)などは調理され、お料理になって、お皿に彩られた鰯ちゃんの命のその大切さは、気持ちの半分も伝わらないだろうな〜などと感じたりなんかしちゃってね

なんだか、しんみりしちゃうところですが、そう思いつつ、素敵な一品になって「美味しい!美味しい!」って家族やスタッフに言ってもらっちゃうと食の違った意味での素晴らしさもまた再発見できますね


さて今回のフォトは最近一生懸命作っている、ある朝の弁当風景 


 


          6歳の娘が頑張って作ったスイーツの蒸しケーキ


                    

そして私がおうちのちらほら残ったチョコを寄せ集めて作ったチョコ・ブラウニーです。

    
      


時間があるとキッチンにずっといるって感じです(ーー;)
123>|next>>
pagetop