October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

修善寺へGO!ビューティー編

今回、東府やさんではなんと主人の計らいで全身オイルマッサージスパをプレゼントしてもらいました。

正直、私は全く自分の「美」というものがあるならばそれに対して全く投資をしない、女として失格な人間です。

まあ、都合の良い理由をつければいろいろあります。

 

しかし年齢もかなり良いお年頃(違う意味でね)・・・・

 

我が家で一番優しい彼は東府やさんに行く前夜の夕食時の

2人の会話

「今回の旅行はサプライズがあるんだけど今知りたい?それとも明日そこで知りたい?」

 

私は「明日でいい」お楽しみは明日でいいかと軽く返事を流す。

実はその時面白いテレビに夢中になって真剣に聞くのがちょっとって感じのタイミング!

主人「分った!明日ね!」優しい主人は言いたかったのに言えない!でも後で言ったら

「わあ!嬉しい!!!!ありがとう!!!!なんて優しい人なの!!!」

と言いながらウルウルする私を想像していたのに違いない!

 

それからほんの数分後、お酒を飲みながら楽しくなってきた彼。

なんだか流暢に口数も多くなり終始楽しいご様子でペラペラと

一人で会話も止まらない。

すると普通の会話のようにさらっと私のサプライズが

「明日ね、ボディーオイルマッサージの予約をいれておいたから」と

 

と・・・・・

 

お楽しみのサプライズ味わい余韻時間、わずか10分程度・・・

 

私、一瞬言葉を飲み込みながら「あ・あ・ありがとう」

 

本人満足げ

 

なかなか無いサプライズ。言いたいのは分るけどもう少し我慢してよねぇ〜笑

 

さて、それがこちら                               

 

物静かな階段を下りていくとそこは落ち着いたベットルーム

 

そこでガウンに着替え最初は椅子に座ってのフットバス。

いつも立ちっぱなしで鍛えられている私のたくましいふくらはぎもゆっくりと丁寧にマッサージ。

それから優雅にベットに移動し背中からゆっくり入るオイルマッサージ。

「フ〜なんて気持ちいい〜わ〜」と思いながら踊り子号で「旅だ!旅だ!」と調子に乗って飲んだビールたちが

より朦朧と夢心地を誘う。

背中から腰へとエステティシャンの指が滑らかにツボも刺激してくれる。

寝るな!寝るな!わたし!極上のオイルマッサージ!寝たら場所を借りただけのただのお昼寝だわ!

 

覚えてますとも覚えてますともそのマッサージの感触、気持ち良いわ〜と心のなかで唱える私、そう!そこ凝ってるのよ〜と心の中でつぶやく私だが・・・・・・

 

「柳澤さ〜ん、柳澤さ〜ん」

遠くから声が聞こえる

「柳澤さ〜ん、柳澤さ〜ん」

 

充血してしていた目を開けたときには全てが終わっていた。

 

エステティシャンのお姉さん

「柳澤さん、首とかデコルテほんと凝っていらっしゃいましたね。よく揉んでおきました!」

 

わたしの心の声

「えっ!?記憶にございません」

 

覚えているのはオイルマッサージ始まりました!から数分・・・・・

 

このお宿と極上のオイルマッサージはいよいよ数日後に引き落としだ(笑)

出資は勿論、主人!

引き落としが終わらない限り、私の心の中の懺悔は止まない

 

私がこのような美容の仕事をしているからサービスや技術向上など勉強になればと良いねと言ってくれた主人。

終わったら

「レポート書けよな!」ってプレッシャーまでかけられたのに・・・・

 

主人よ!今度はビールも飲まずに前の日早く寝て高級エステに備えますので

二回目、よろしくお願いします!

 

ながながと失礼いたしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修善寺へGO!(後編)

さて前回の修善寺へGOは前編でしたね。

 

ただ一人だけ後編を楽しみにしていた貴重な読者Aさんがいまして・・・

うるさいんです!後編はまだか?後編上げてくれた?って・・・・

挙句の果てに私という人間からこのままだったら

後編は無いままに時が経ってしまうこともありうると!?

 

まあ確かにありうるかもしれない・・・・・

 

イヤイヤ!そんな訳は無く始まります!後編です。

 

旅の楽しみは皆それぞれ違いますが

家族3人もいればその3人がそれぞれ満足を感じられるかが

重要なポイント!

 

その。蛙佑里海世錣螢櫂ぅぅ鵐

ホテル(旅館)が素敵であってほしい!

 

東府やさんに着いたのは午後の1時30分を回ったあたり

館内の説明を聞きお部屋へご案内

アジアンリゾートを彷彿させるようなフロントにうっとりしながら歩き進み

自動ドアが開いたとたん

 

このランプの渡り廊下の下には川が流れていて

自然と川のせせらぎを聞きながら

お部屋にゆったり向かいます

 

そしてお部屋に到着

 

客室イメージ

(上の画像は東府やさんかや引用させていただきました)

そして素敵なお部屋。

お部屋もとにかく広くて綺麗で美しい自然の眺めと鳥のさえずりや

水のせせらぎにしばしソファで動けず。

 

 

なによりも

このお部屋には

ジャジャ〜ン!

温泉半露天付き和洋室A 温泉露天風呂

かけ流しの天然半露天風呂も付いてました!

 

わたしはお部屋に温泉が付いていると最高にハッピーです

一日何度も数分でも気が向くと露天に入ってます♪

 

5つぐらいある温泉の4つは制覇しました

御婦人露天風呂(河鹿の湯)殿方露天風呂(行基の湯)

その◆↑

こだわりポイントその△鰐渭晴浩瑤北ノ擦気譴

 

 

その

勿論、食事ですね。これは全ての方の希望と言っても過言ではないですよねぇ〜

 

ディナーは和食のお料理になってました。

 

こちらがそのお料理ちゃんたちです

   

更にスープもありましたよ。

最後食べきれなかったとうもろこしの炊き込みはデザートのババロアと一緒に

小さなおにぎりのお夜食してくれてお持ち帰りに用意してくれました。

 

箸初からデザートまで優しく丁寧につくられているのが感じられるお料理の品々

 

私は今年、鮎に魅せられ美味しい鮎をいただきたいと思っていたのですが

まさに私の気持ちが通じていたかのようにそ朝〆鮎の塩焼きは絶品!

 

そしてお吸い物には鱧などそれはそれは贅沢。

お野菜、お肉、お魚をふんだんにお腹いっぱいご馳走様でした!

 

 

お品書きはなかなか難しい字もたくさんありましたが

テーブル担当のスタッフさんに

「これはどこの何ですか?」とか

「この字はなんて読むんでしょうか?」

いい歳して旅は恥は掻き捨て、知らないより聞いたほうがよりお料理に深みが加わる。

すると丁寧にしっかり答えてくれました。

なんと聞くところ4月に入社したばかりのお若い女性スタッフさん。

教育も行き届いているんだなーと同じ接客業として関心しました。

 

余談ですがせっかくこの瞬間まで素晴らしかった雰囲気が

一瞬でその雰囲気を壊してしまう場面があります。

 

そこで思い出しました!とある出来事!

 

その日は暑かったのでランチは冷たいさっぱりとしたお蕎麦と決めてました。

 

私と娘が選んだのはサラダ的な蒸し鶏の乗った冷たいお蕎麦です。

 

ところがお蕎麦の上に乗っていたその蒸し鶏は赤みを帯びていてちょっと頂くには抵抗がありました。

女性定員の方にその旨をお話ししたところ

「少々お待ち下さいませ。確認してまいります」と器ごと厨房へ持ち去った。

ここまではよくある様子。マニュアルどおりの流れ。

 

それから3分から5分の後、なかなか時間がかかったその時、

すたすたと私達のテーブルめがけ歩き寄ってくる

その女性定員さんの手の中からテーブルに戻されたその器には

湯気の上がったまるで、ん!?あったかいお蕎麦頼んだっけ!?

中から覗かせた鶏ちゃんは別の人格!?鶏格!?違う料理となって

私達の目の前に戻ってきた。

 

鶏格を見て家族一同絶句!

 

一瞬何が起こったのか状況が飲み込めず説明を聞くまでは理解も出来る訳も無く

?・?・?・?・?のはてな・はてな・・の顔表情を隠しつつ女性定員さんの説明に耳を傾けた。

 

「当店の鶏は低温でじっくり時間をかけて○○時間低温調理したものですので・・・・・・・・・・」

まあ、早い話が赤みがあっても全然大丈夫ですとのこと

 

「しかしお客様が気になるご様子なのでレンジで温めてきました!」

 

そこには冷たい水で締めた冷え冷えのお蕎麦が違う形に様変わりし、ぼわ〜んとふやけて膨張。

この一瞬のうちにキュンと締まってモデル体型のスレンダーなお蕎麦が

突然、むくみ激しく膨張し、うどん化けしたような蕎麦オデブちゃんに変身していたのだ。

 

ここで一同、目が点の苦笑い・・・・・

 

更に追い討ちをかけたのは

冷たかった汁は温めたことで味もぼやけ

これもまた別物に変わっていた。

 

わたし、冷たいお蕎麦頼んだんじゃなかったっけ!?・・・・・

 

ここからは私の心の声

 

なんで聞いてくれなかったの!?(泣)

低温調理での赤味の蒸し鶏は召し上がっても全然問題はありません。

しかし、気になるようでしたら鶏は加熱致しますか?・・・・・と・・・・・

 

なのに何も聞かず

無造作に全てをレンジに放り込まなくてもいいんじゃない?

 

レンジでチン!レンジでチン!レンジでチン!

加熱方法は手軽なレンジ・・・・・・で・・・チン・・・・・・

ついでに蕎麦もチン・・・・・

 

おわった・・・・

 

 

ここで決定しました!

 

番外編、三部作!

ボディーオイルマッサージ編を書きます!

今回のこの終わり方ではA氏納得いきませんわな〜

なにせ、今回、私にとって一番メインといってもいいほど

私の仕事の勉強になればと

ちょっと贅沢なオイルボディーエステのスポンサーにもなってくれて

いたのです。

 

書きます!書きますってば!

 

近日公開!

 

 

朝食のオムレツ

最近のホテルの朝食はビッフェスタイルが多い中

コース料理のように一皿一皿運んできてくれます。

これまでの私の人生の中で一番美味しいオムレツでした。

 

私の卵料理は90%の確立でほぼ残す娘が奇跡的に綺麗に頂いてました。

 

娘よ、母は隣でいつもお弁当で残してくる卵ちゃんを切ない気持ちで捨てていたのだよ。

これからは母の卵料理も食べてくれるに違いない!

 

っと思って早速、次の日お弁当に入れたミニミニオムレツ

 

夕方帰ってきたお弁当の中には目の錯覚か朝のままのミニミニオムレツが・・・・・

切ないわぁ〜

 

しかし、それほど美味しかった奇跡のオムレツでした。

 

 

 

修善寺へGO!(前編)

夏の家族旅行

今回は

踊り子号で修善寺へ

 

踊り子号は思ったよりも空いていて快適。

大船から直通で車内ではビールを飲んで旅の始まりを満喫。

 

 

さあ!今回の目的のお宿は

スパ&リゾートの東府やさん。

 

名前だけみると???なんだか古風な感じがするかもしてませんが

それはそれは素敵なお宿でした!

 

そして、その名の通りもう1つはお豆腐も売りの1つ。

お豆腐だからと言ってお料理は全くヘルシーで物足りないって事はなく

身体に良く美味しい!お肉やお魚もちゃんとあって考えられていますよ!

 

今回もプロデュースは晃さん。

ほんとこの方の選ぶセンスは抜群です。

 

広大な敷地の中だけで足湯のある美味しいパン屋さんや素敵なレストラン、片道40分のハイキングコース、

緑いっぱいであちこちに川があり歩くと小さな滝の水の音に癒されながらの散歩道、素敵なお部屋とそして

そのお部屋にはかけ流しの露天風呂!

伝えたいことはたくさんありますがとにかく本当に最高でした!

 

毎年この夏の季節に温泉に行くのですが

・・・!?連れてって頂くのですが・・が正解です(笑)

我が家は毎回、旅館に入れる時間に目的地の温泉宿に行って温泉に入って

泊まって一連の食事をして帰ってくるという

何の遊びも無い、観光も無い、ただただ温泉に入って食事を楽しむという

王道の温泉旅。

 

しかし、今年はいよいよそれだけに飽きてきた私と娘は「もう温泉はいいよ!(行きたくない)」

(これまでの旅館はみな最高だったが・・)

晃さんプランナー兼スポンサー、私と娘、電車の時間も調べてもらい

指定席もここだよと教えてもらい

現地に着いたらバスやタクシーの手配をしてもたい

気が付いたら素敵な旅館の正面玄関。

ひたすら何も考えずただボーっと付いて行くだけのダメな妻と娘。

・・・・・なのに、なのに、この夏の暑い時期につまんないから温泉はイヤだ!と駄々をこねた。

 

眉間に皺を寄せて文句をたらたら言う女衆を横目にそれでも「僕は温泉行きたいんだ!」

っと強行決断!

その横で、え〜!!〜っとおばけのような怖い顔をしていた私達が居たことは間違いない!

 

そして今回そのプレッシャーの中で晃さん曰く意地でも文句は言わせない!と選ばれた栄誉ある温泉がこちら!

更に私には極上のオイルトリートメントボディースパのプレゼント付き。

何年ぶりのスパかしら(笑)

 

そしてホテルに着いたその瞬間から大満足な私達に嬉しそうなプランナー晃氏だったことは間違いなしでした。

 

 

前編編はこれぐらいにしておこうかな(笑)

 

 

次回後編はもちろん温泉と私の大好きな食事と至福のオイルマッサージなどなどの話題に

しようかな〜

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

私の好きなレストラン♪

私には鎌倉に大好きなレストランがあります♪

それはフランス料理の「ポアジェ」さん

小山田シェフとその奥様がお二人でやられている素敵なレストラン

 

家族の大事な行事ごとや大切な人をお連れしたい時に利用させて

もらってます(^_^)

 

お料理って好みがありますがうちの家族は大好きです。

 

先日、プライベートで家族でお祝い事がありましたので

早速ポアジェさんに主人が電話で予約

 

そうそう、我が家の予約は全て主人がしてくれます。

迅速で決断力が早い!

一般的には会社でも私の方がそう見えるかもしれませんが

実はそうでもなかったりします(笑)

 

いつも美味しいお料理をスマホで撮るのですが

そのまんま、何にも活用せずいったい撮る意味があるのかと

主人に言われますが

今回、私の初料理画、とくとご覧くださいませ(^_^)

ポアジェさんのお料理は見た目も美しくほんとお味も絶品です!

 


 

いかがですか?

ほんと芸術です(^_^)

あ〜また食べたいな〜

ある日の休日

先日娘と久々にお出掛け

都内新宿へと・・・

目的は今話題のルミネ・ザ・吉本を観に行ったのです!タイミングよすぎですね。

 

私から吉本を観に行くなんて何となく想像も付かないと思いますが

意外と私、お笑い好きなんですよ(笑)

なぜって声を出して笑うと爽快で気持ちいいじゃないですか(笑)

 

いま、いろいろ吉本話題は世論を巻き込んで大変ですが

単純に人を笑わせて元気にさせる仕事って素晴らしいことですよね。

人を幸せにしてお金を頂けるなんて私達の仕事にも相通じるものがあると

感じてます。

 

しかし!笑ってる私を横に終始寝ていた娘。何のために新宿までやってきたのか(泣)

本日のイベントのチケットを取ってくれ、さらにスポンサーにまでなってくれているAさんの

泣き顔が浮かびます・・・

 

そしてお昼は新宿中村屋さんでカレーでランチ

今、NHKの朝ドラのモデルになっていると言われてる老舗のカレー店

レトルトのカレーも販売されてますよね

 

このお店の前の広場は長蛇のお客様でいっぱいでした。

でもカレーってお客様の回転が速いんですね。

意外とスムーズにお店にはいれましたよ

 

カレーのお味は?・・・て歴史を感じるお味でした!美味しかったです。

 

そして最後は娘のお目当ての原宿へ移動

きっと、年頃の娘が居なかったらご縁の無い場所も

ここ数年、訪れることが多くなっているこのごろです!

 

相変わらずの人!人!人!

外国の方がとっても多かったな。

 

さて

今原宿では流行っている食べ物は色々ありますが

中でも

40センチぐらいあるスクリューのフライドポテト

たくさん種類のあるタピオカの中の1つ「汚」タピオカ!

 

ほんと鎌倉となんて違うことでしょう!

そして竹下通りで買いたい洋服につき合わされ

頭も身体も使った刺激のある一日でした!

 

おしまい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月すぐの和装婚礼のお仕事

6月1日の日、引続き和装婚礼のお仕事をさせていただきました。

今回はSakura laのサロン内でお支度をしここから八幡様で挙式

そして鎌倉古今さんで披露宴というとっても素敵な一日でした。

 

私達Kamakura Beutyは、ほぼ全員お着付けが出来ます。男性スタッフも男性着物のお着付けをします。

この日は、主役の花嫁様、ご新郎様の紋服袴、列席の両家お母様の御留袖、他、御振袖のセット、メイク、お着付け

更には一般のお客様のヘアセットや、メイクなど2時間半の中で総勢15名様前後のお客様のお支度を姉妹店のスタッフ総動員でいたしました。

活気があって凄かったですね(^_^)

 

ぜひ、挙式をお考えのお客様はお問い合わせお待ちしております

 

 

 

 

 

12345>|next>>
pagetop